3Dネットシート

3Dネットシート次世代の世界標準に違いないと確信し
「理想の座」を追求した疲れないシート。

3Dネットシート

3Dネットシート

「人の筋肉」に着想を得た、疲れず、ムレない、超立体=3D感覚シート

人の筋肉」に着想を得た、疲れず、ムレない、超立体=3D感覚シート

DELTAの新開発「3Dネット」ならではの、長く座っても疲れないシート。ウレタンの代わりに、人間の筋肉に近い弾力性を誇る立体編物を採用。道路から伝わる振動や座骨に集中する体圧を分散吸収。シート全体が空気の通り道になっているため、蒸れません。

ものづくり日本大賞に輝く独自のシート技術 『 3Dネット + ADスクエア シートフレーム 』

3Dネットの力のかかり方 ウレタンの力のかかり方

3Dネットと航空機設計の技術を応用したADスクエア シートフレーム を用いたシート技術は、振動を大幅に低減する機能により軽量で快適性に富むシート技術を商品化した事が認められ、ものづくり日本大賞を受賞しました。

3Dネットの“快適性”をスタジアムに展開、『ミューレン デルタ スタジアムシート』

3Dネット断面 3Dネット表面

サンフレッチェ広島に導入されたスタジアムシートは、独自の3Dネット構造をサッカースタジアムに適したシート用に技術改良を加えて、新たに開発しました。 選手がリラックスして座れるように、自動車用のシートよりもやや大きめのサイズをオリジナルで設計。疲れてベンチに戻ったときはゆっくりともたれかけられるように、また、白熱した試合を見るため、シート前方に前のめりに座っても快適に座れるような構造を施しました。激しい風雨でも劣化しない特別な3Dネット材を使用し蒸れない素材であるため、汗をかいた選手でも快適に座ることができます。

広島東洋カープ、マツダ スタジアムにネットシートが採用されました

ミューレン デルタ スタジアムシート マツダスタジアム
※仕様は一部変更となる場合があります。

マツダ スタジアムのコカ・コーラテラスシートに3Dネット材を用いた独自構造のシートが採用されました。デルタ工業が独自に開発したこのシートは、フレームに張られたベースネットに3層の3Dネットを組合せ、体を自然なフィット感で保持することで快適な着座状態をつくりだし、長時間の使用でも疲労感のない優れた性能を持っています。ベンチタイプのシートは観戦に最適なポジションを追求し、着座状態でグラウンドが見易くリラックスできる座角設定です。表皮材にはカープ専用色で製作した赤い屋外用PVCレザーを使用しカープ選手の活躍を応援します。

PAGE TOP